【Minimament】Android Wear 2.0での動作について

2017年2月9日に、Android Wearの最新バージョンである「Android Wear 2.0」(以下、「Wear 2.0」)がリリースされました。
Wear 2.0に対応したスマートウォッチには今後順次、Wear 2.0がアップデートで配信されるとのことです。

そこで、ウォッチフェイス「Minimament」の動作をWear 2.0のエミュレーターで検証し、以下の結果が得られましたので、報告します。
今後、何か新しい動きなどがありましたら、この投稿や「かぱらぼ」公式Twitterにて随時報告します。

スマートウォッチ上のPlay ストアからのダウンロードについて

Wear 2.0からは、スマートウォッチ上から直接、スマートウォッチ用のアプリをダウンロードできるようになりました。しかし「Minimament」は2月10日現在、スマートウォッチからアクセスできるPlayストアには掲載されていません。
Wear 2.0用に新しくデータを用意する必要があるのですが、そのデータの作成が難航しているためです。

スマートフォン経由からの手動インストールには引き続き対応しているので、対応まではスマートフォン経由でのインストールをお願いします。

画面下部への通知タイトルの表示について

これまでのAndroid Wearでは、「Card Peek」という画面の下部に通知の一部を引き出し、通知のタイトルのみを画面下部に表示することができる機能が搭載されていました。当ウォッチフェイスでも、この機能を用いて通知タイトルを表示していました。
しかし、Wear 2.0では「Complication」という、ウォッチフェイス自身に他アプリからの情報を表示する機能が搭載されたためか、この機能が廃止されてしまいました。

よって、画面下部への通知タイトルの表示については、Wear 2.0では非対応になります。ご了承ください。

「Complication」への対応について

「Complication」への対応は現在検討中です。対応すると、大きく今までの「Minimament」から機能や趣旨が変わるため、Wear 1.x系のサポート打ち切りを行うか、新ウォッチフェイスとしての公開のどちらかになるためです。