Stay Home, Come Virtual(手倉テイムの場合)

はじめに

この投稿はVRSNSサービスを開発されている、ambrのCEOであるtさんの企画「Stay Home, Come Virtual」への参加記事です。

Stay Home, Come Virtual | 9UESTIONS
9UESTIONSは、VR好きへのVRに関する9つのQuestionsです。
新型コロナ状況下でもStay Homeで楽しめる方法として、VRが価値を発揮できるのではという考えの下、少しでも色んな方にVRの魅力について知ってもらいたくはじまった企画です。
気軽に書いたり読めるように、質問には全て一行程度で答えてください。

note 「Stay Home, Come Virtual」より

冒頭の画像については、tさんの投稿の「こちらのヘッダー画像は利用可能です」とされているものを使用しています。

Q1.あなたは誰?

博多住まいのコードが書けてモデリングも一応できる系の人です。近日中に色々あってVTuberとしてデビューすることになりそうです。

Q2. VRとの出会いは?

少なくとも小学生の頃には既にSONYのHMDや、大学のHMDを用いた研究公開に興味を示していたかと。Oculus RiftのKickstarterもリアルタイムで見てました。

Q3. VRの魅力は?

距離や場所などの物理的環境、二次元か三次元かのコンテンツ的次元の壁を代表とした、現実のあらゆる制約から解放された世界であること。

Q4. あなたのVRデバイスの写真見せて

(既に本体に某VRが舞台のアニメのステッカーを貼っているのでデバイスのパッケージで……)

Q5. VRでおすすめのアプリは?

  • 東京クロノス(無人の渋谷を舞台にしたミステリVRアドベンチャーゲーム、特にノベルゲー好きには絶対に触れてほしい)
  • Beat Saber(音ゲー)
  • YouTube VR、Netflix VRなどVR向け動画サービスクライアントアプリ

Q6. 今買うならおすすめのVRデバイスは?

Oculus Quest。Oculus Link機能を使えばVR Readyマシンと繋ぐと実質Oculus RiftになってPCVRとしても遊べるので。

Q7. 好きなVRの写真見せて

Q8. あなたにとってVRとは?

既存の常識や法則に囚われず、アイデア次第で何でもできる遊び場であり、まだ見ぬ文化がいつか誰かに掘り起こされるのを夢見て眠る場所。

Q9. 最後に一言!

まだバーチャルに触れていない、これを読んでいるあなたが来ることでバーチャルの世界は面白くなります。次はバーチャル世界で!

Default image
手倉テイム
1997年6月20日、熊本県生まれ。2017年3月~福岡県在住。 アニメやゲーム等はもちろん、幼少期からの趣味であるパソコンと音楽に加え、2013年頃から秘めた可能性を見出していたVRが趣味。